オルガン,合唱,日記

女声合唱団ぴゅあはーとのクリスマスコンサートに指揮者の山脇卓也さんのお声がけいただきオルガンを弾かせていただきました。

終演後、笑顔の皆さんと

ぴゅあはーとはご覧の通り赤いドレスの似合う麗しい女性の皆さん。歌声もピカピカで伸 ...

オルガン,日記

ココペリオルガン教室の勉強会が終わりました。
ブクステフーデに始まりフィリップ・グラスまで、沢山のレパートリーに触れる機会となりました。
このあと10/9と10/21の二日に渡り、ココペリオルガンスタジオで学ぶ生徒さん ...

オルガン,日記

・誰かを、誰かの演奏を真似ようとしない。自分でいる。

・難しい箇所は聴いている人にも難しい、ゆっくり弾くつもりで

・ポジション移動のときは腹で支える

・テンポが勝手に上がる箇所はまだ弾けていない

オルガン

今日は午後から<作曲科×オルガン科 共同プロジェクト 特別講座 ~J.S.バッハ「オルガン小曲集」を読み解こう〉という会に参加してきました。

講師は楽曲を和声学の観点から隅々までレクチャーくださった作曲の柿沼唯先生、 ...

オルガン,合唱,日記

信長貴富さんの新作、女声合唱とオルガンのための「詩篇」、本番までを振り返ってみました。

演奏会後にコロナに罹ってしまって、しばらくパソコンに向き合う気力が出ずにいたのですが、今さらながら記録を残そうと思います。

オルガン,合唱

今日は自分にとって本番のような日でした。

川崎市麻生にある日本基督教団まぶね教会にて、志樹逸馬詩、信長貴富曲、

『女声合唱とパイプオルガンのための 詩篇』の初オルガン合わせです。

合唱団員が全員が入 ...

オルガン

昨日、3月23日をもって武蔵野音楽大学別科課程(器楽)オルガン専攻を修了しました。

学部や院の卒業式・修了式に含まれる形でしたので、華やかな袴姿で華やいだ客席を、二階バルコニーの指定席から眺めました。 ...

オルガン

【別科課程 修了試験前の「聴き合う会」】

短かった1年が終わろうとしています。なのにまだ日記2とは。無精ですね。

コロナの影響で大学での発表会や勉強会の機会がなかったけれど、試験前に1度でもこのような会が持てて ...

オルガン

全くお知らせしていませんでしたが、今年春から武蔵野音楽大学の別科課程でオルガンを学んでいます。

小さいころから慣れ親しんできたオルガンで、教会の礼拝に当たり前にあるものの一つではありましたが、自分で演奏することをあまり考え ...